ボリス・ギルトブルグ Boris Giltburg

Boris Giltburg 70_credit Sasha Gusov

次回来日

調整中

プロフィール

 1984年モスクワに生まれ、5歳の時に母の元でピアノを学ぶ。テル・アヴィヴで幼少期を過ごし、アリエ・ヴァルディに師事。数多くの国際コンクールで賞を獲得しており、中でも2002年サンタンデール国際コンクールでは第1位と聴衆賞を、2011年のルービンシュタイン国際ピアノ・コンクールでは第2位とベスト・コンチェルト賞を受賞。2013年ブリュッセルで開かれたエリザベート王妃国際音楽コンクールで第1位を獲得し、世界各国で目覚ましい活躍を見せている。2015年よりナクソスと長期にわたる契約を結び、数々のレコーディングを行っている。
 これまでに、フィルハーモニア管弦楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団、フランクフルト放送交響楽団(hr交響楽団)、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、スウェーデン放送交響楽団、デンマーク放送交響楽団(DR放送交響楽団)、サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団、ボルティモア交響楽団等と共演している。2010年にBBCプロムスへデビューし、定期的に南アメリカや中国で演奏するほか、トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団とのドイツ・ツアーにも同行した。また、ウィーン・コンツェルトハウス、アムステルダム・コンセルトヘボウ、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス、チューリッヒ・トーンハレ、ブリュッセル・ボザール、ロンドン・サウスバンク・センター、パリ・ルーヴル、カーネギー・ホール等の主要なコンサートホールでリサイタルを開催しており、BBCプロムス、ルール国際ピアノ音楽祭、シュヴェツィンゲン音楽祭、ルツェルン音楽祭等の音楽祭に出演している。
 2016/17シーズンは、ヴァシリー・ペトレンコ指揮オスロ・フィルハーモニー管弦楽団、ワシリー・シナイスキー指揮ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団、ジャンカルロ・ゲレロ指揮ナッシュヴィル交響楽団と共演したほか、初めてオーストリアの地で演奏し、アデレード交響楽団とタスマニア交響楽団にデビューした。また、ドイツ・エイズ財団主催のガラ・コンサートではミュンヘン室内管弦楽団と共演した。リサイタルでは、エルプフィルハーモニー・ハンブルク、アムステルダム・ムジークヘボウ、ウィグモア・ホール、東京・春・音楽祭、北京中山公園音楽堂等に登場した。
 2017/18シーズンはブリュッセル・フラジーおよびボザールでのアーティスト・イン・レジデンスとして、リサイタルのほか、パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメンや、ステファン・ドヌーヴ指揮ブリュッセル・フィルハーモニー管弦楽団と共演する。またハーグ・レジデンティ管弦楽団のアーティスト・イン・レジデンスも務め、ニコラス・コロンとアムステルダム・コンセルトヘボウに登場する。北アメリカでは、ベン・ガーノン指揮パシフィック交響楽団、ティエリー・フィッシャー指揮ユタ交響楽団、アレクサンダー・シェリー指揮オタワ・ナショナル・アーツ・センター管弦楽団との共演のほか、ヨーロッパではハレ管弦楽団へのデビューのほか、ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団、バーミンガム市交響楽団、ボルティモア交響楽団に再登場する。サウスバンク・センター、ラジオ・フランス、ビルバオ・フィルハーモニック協会、リスト・ライディング音楽祭等でリサイタルを開催し、パヴェル・ハース四重奏団とヨーロッパ・ツアーを行う。
 これまでに、マリン・アルソップ、イルジー・ビエロフラーヴェク、マーティン・ブラビンズ、エド・デ・ワールト、クリストフ・フォン・ドホナーニ、ウラディーミル・フェドセーエフ、グスターボ・ヒメノ、ネーメ・ヤルヴィ、キリル・カラビッツ、ハンヌ・リントゥ、アレクサンダー・シェリー、ヴァシリー・シナイスキー、スタニスワフ・スクロヴァチェフスキ、トゥガン・ソヒエフ、ヤン・パスカル・トルトゥリエ等の指揮者と共演している。
 2012年、オーキッド・クラシックスよりリリースした「プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ第6番、第7番、第8番」は、クラシカル・ブリットの批評家賞にノミネートされた。その後ナクソスよりリリースしたシューマン、ベートーヴェン、ラフマニノフのピアノ作品集はそれぞれ高い評価を受けている。2016年の「ピアノ協奏曲第1番&第2番、弦楽四重奏曲第8番(ピアノ版)」(ワシリー・ペトレンコ指揮ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団)はディアパソン・ドール賞を受賞し、続く「ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番、他」(カルロス・ミゲル・プリエト指揮ロイヤル・スコティッシュ国立管弦楽団)も好評を得る。

ディスコグラフィー

ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲、弦楽五重奏曲第3番
ギルトブルグ_パヴェル・ハースQ_ドヴォルザーク
ドヴォルザーク:
ピアノ五重奏曲 イ長調 op.81 B.155*
弦楽五重奏曲 第3番 変ホ長調 op.97 B.180**

パヴェル・ハース四重奏団
*ボリス・ギルトブルク(ピアノ)
**パヴェル・ニクル(ヴィオラ)

[SUPRAPHON]
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番、他
ギルトブルグ_ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 op.18*/練習曲集「音の絵」op.33
クライスラー(ラフマニノフ編):愛の悲しみ
フランツ・ベーア(ラフマニノフ編):笑う小娘“W.Rのポルカ”

ボリス・ギルトブルグ(ピアノ)
カルロス・ミゲル・プリエト(指揮)*
ロイヤル・スコティッシュ国立管弦楽団*

[naxos]
ピアノ協奏曲第1番&第2番、弦楽四重奏曲第8番(ピアノ版)
ギルトブルグ_ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲&弦楽四重奏曲第8番
ショスタコーヴィチ:
ピアノ協奏曲 第1番 ハ短調 op.35
弦楽四重奏曲 第2番 イ長調 op.68~第3楽章「ワルツ」(ギルトブルクによるピアノ編)
ピアノ協奏曲 第2番 へ長調 op.102
弦楽四重奏曲 第8番 ハ短調 op.110(ギルトブルクによるピアノ編)

リーズ・オーウェン(トランペット)
ワシリー・ペトレンコ指揮
ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団

[naxos]
ラフマニノフ:音の絵、楽興の時
ギルトブルグ_ラフマニノフ:音の絵、楽興の時
ラフマニノフ:
絵画的練習曲(音の絵) op.39
ラフマニノフ:楽興の時 op.16 

[naxos]
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番、第21番、第32番
ギルトブルグ_ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8、21、32番
ベートーヴェン:
ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調 op.13『悲愴』
ピアノ・ソナタ 第21番 ハ長調 op.53『ワルトシュタイン』
ピアノ・ソナタ 第32番 ハ短調 op.111

[naxos]
シューマン:謝肉祭、ダヴィット同盟舞曲集、蝶々
ギルトブルグ_シューマン:謝肉祭、ダヴィット同盟舞曲集、蝶々
シューマン:ダヴィット同盟舞曲集 op.6/蝶々 op.2/謝肉祭 op.9
[naxos]

ロマンティック・ソナタ集~ラフマニノフ、グリーグ、リスト
1131_480x480
ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調 Op.36(1931年版)
グリーグ:ピアノ・ソナタ ホ短調 Op.7
リスト:ピアノ・ソナタ ロ短調 S.178

[Orchid Classics]
プロコフィエフ:戦争ソナタ
978_480x480
プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ 第6番 イ長調 op.82、第7番 変ロ長調 op.83、第8番 変ロ長調 op.84

[Orchid Classics]
ムソルグスキー、スクリャービン、プロコフィエフ
977_480x480
ムソルグスキー:「展覧会の絵」
スクリャービン:ピアノ・ソナタ 第2番 嬰ト短調 Op.19「幻想ソナタ」
プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ 第8番 Op.84

[EMI Classics]