徳永 真一郎 Shin-ichiro Tokunaga

徳永真一郎_4(c)Tohru Yuasa

プロフィール

 徳島県出まれ。9歳からギターを川竹道夫に学ぶ。2003年、スペインギター音楽コンクールおよび日本ギターコンクール優勝。19歳で渡仏し、ストラスブール音楽院でアレクシス・ムズラキスに、古楽・リュートを今村泰典に師事。その後、2011年よりパリ国立高等音楽院でローラン・ディアンスに師事し、2016年に修士課程を満場一致の首席で卒業。パリではジュディカエル・ペロワにも師事した。また、ステファノ・グロンドーナ、ゾーラン・ドゥキッチ、カルロ・マルキオーネのマスタークラスを受講し、キジアーナ音楽院ではオスカー・ギリアのクラスで最優秀ディプロマを取得した。
 数多くの国際コンクールで優秀な成績を残しており、2018年にはヴェリア国際ギター・コンクール(ギリシャ)のコンチェルト部門で第2位を受賞した。このほか、2008年ナクソス国際ギター・コンクール(ギリシャ)第3位、2010年オルシュティン国際ギター・コンクール(ポーランド)第1位およびグランプリ、2016年にはブーローニュ・ビヤンクール現代音楽コンクール(フランス)《Musique du dernier siècle 2016》で審査員特別賞の〈課題曲賞〉を受賞した。
 2017年、マドリッドのソフィア王妃芸術センターにて、松宮圭太の《ギターとアンサンブルのための小協奏曲》をジョルディ・フランセス指揮アンサンブル・ソニド・エクストレモとの共演で世界初演し、話題を呼んだ。またこれまでに、カレンツァーナ音楽祭(共演小林真理、メゾソプラノ)や、パリ国際ギター・フェスティバル等の音楽祭にも出演している。
 近年のハイライトは、2022年東京オペラシティでのリサイタル「B→C(バッハからコンテンポラリーへ)」、2019年大野和士×バルセロナ交響楽団公演へゲスト出演したほか、全国各地でリサイタルや室内楽に出演。2019年に公開された映画『マチネの終わりに』の撮影協力にも携わる。また、タレガ・ギターカルテットのメンバーとしても活動している。
 2018年7月、マイスターミュージックより近代スペインの作曲家による作品とフランスの作品を集めたデビュー・アルバム『テリュール』をリリース。このアルバムは、平成30年度文化庁芸術祭のレコード部門優秀賞受賞という快挙を成し遂げた。平成30年度よんでん芸術文化奨励賞受賞。
 パリ在学中は、ヤマハ音楽振興会留学奨学生、フランスではタラツィ財団およびADAMI財団奨学生として研鑽を積んだ。

コンサート情報

日時・会場 コンサート名・お問い合わせ
2021/11/7(日)12:00
eplus リビングルーム
カフェ&ダイニング
2022/2/11(金祝)14:00
徳島市シビックセンター
さくらホール
B→C バッハからコンテンポラリーへ
徳永真一郎 ギター・リサイタル
TEL: 088-626-0408
2022/2/15(火)19:00
東京オペラシティ
リサイタルホール
B→C バッハからコンテンポラリーへ
徳永真一郎 ギター・リサイタル
TEL: 03-5353-9999

ディスコグラフィー

テリュール
徳永真一郎_テリュール
R.S.デ・ラ・マーサ:サパテアード、ペテネーラ、ロンデーニャ
E.S.デ・ラ・マーサ:暁の鐘
ド・フォッサ:ファンタジー 第1番 作品5
ホセ:ソナタ
ディアンス:サウダージ 第2番
クープラン:神秘的なバリケード
ミュライユ:テリュール

[マイスター・ミュージック]