フランチェスカ・デゴ Francesca Dego

Francesca Dego_1(c) Davide Cerati

次回来日

調整中

プロフィール

 朗々とした音色、説得力のある音楽解釈、そして非の打ち所がないテクニックで国際的に活躍する、人気急上昇中の若手ヴァイオリニスト。2012年に名門ドイツ・グラモフォンと契約し、『パガニーニ:24のカプリース』、『ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ集』、『パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番&ヴォルフ=フェラーリ:ヴァイオリン協奏曲』(ダニエーレ・ルスティオーニ指揮バーミンガム市交響楽団)をリリース。最新盤は、20世紀のイタリア音楽へのオマージュとして、レスピーギ、カステルヌオーヴォ=テデスコ、ストラヴィンスキーの作品を収録した『イタリア組曲』が好評を得る。
 2008年パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールで入賞し、最年少でエンリコ・コスタ博士記念賞を受賞。イタリア人女性として初の受賞者として注目を集めた。
 近年は、フィルハーモニア管弦楽団、ハレ管弦楽団、アルスター管弦楽団、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団、ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団、ニース・フィルハーモニー管弦楽団、ローザンヌ室内管弦楽団、トリノ・テアトロ・レッジョ、セビリア王立交響楽団、バレンシア市管弦楽団、オークランド・フィルハーモニー管弦楽団、ラスベガス・フィルハーモニー管弦楽団、サンタ・バーバラ交響楽団、アルンヘム・フィルハーモニー管弦楽団、オランダ交響楽団、日本では、東京都交響楽団、東京交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、九州交響楽団と共演している。
 2019/20シーズンは母国イタリアで、トスカーナ交響楽団、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団、アルトゥーロ・トスカニーニ・フィルハーモニー管弦楽団との共演のほか、クリスティアン・カラーラの新曲《Luci danzanti nella note》を初演する。パガニーニ・ジェノヴァ音楽祭では、パガニーニがかつて所有していたグァルネリ・デル・ジェス「II カノン」を用いて、パガニーニのヴァイオリン協奏曲第1番をカルロ・フェリーチェ劇場管弦楽団と共演する。また、ストレーザ音楽祭、ペルゴレージ・スポンティーニ音楽祭、そして2018年より自身が共同開催しているグラヴェドーナ室内音楽祭に出演する。
 これまでに、サー・ロジャー・ノリントン、ディエゴ・マテウス、クリストファー・ホグウッド、ポール・グッドウィン、クリストファー・フランクリン、カレン・ドゥルガリヤン、ヨエル・レヴィ、グラント・ルウェリン、ウェイン・マーシャル、シュロモ・ミンツ、ジェンマ・ニュー、ダリア・スタセヴスカ、アルペシュ・チャウハン、シャン・ジャン等の指揮者と共演している。また室内楽では、サルヴァトーレ・アッカルド、マハン・エスファハニ、ブルーノ・ジュランナ、ナレク・アフナジャリャン、ピアーズ・レイン、ヤン・リシエツキ、ミッシャ・マイスキー、アントニオ・メネセス、ドメニコ・ノルディオ、マーティン・オーウェン、ロマン・シモヴィチ、キャサリン・ストット、そしてリサイタルでは定期的にフランチェスカ・レオナルディと共演している。2019/20シーズンは、パリのルーヴル・オーディトリアムのほか、グルノーブル、ローマ、ワシントンD.C.、ラヴィニア音楽祭でデュオ・リサイタルを開催し、トリノのユニオン・ムジカーレではベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会の最終回を迎える。
 2014年と2015年に出演したローマでの追悼コンサートの模様は、イタリア放送協会により世界全土で放送された。2014年6月にはブラジルで開催されたワールドカップの開会に際し、リオデジャネイロ市立劇場で演奏した。
 近年、執筆活動も本格化させ、イタリアの音楽誌「スオナーレ・ニュース」では毎月コラムが掲載されているほか、BBCミュージック、ザ・ストラド、ミュージカル・オピニオン、ストリングの各誌にも寄稿している。2019年には自身初となる著書を出版した。
 フランチェスカ・デゴは、イタリアのレッコでイタリア人とアメリカ人の両親のもとに生まれた。現在はロンドンを拠点に演奏活動を行っている。使用楽器は、フランチェスコ・ルジェーリ(1697年製)。

ディスコグラフィー

ストラヴィンスキー:イタリア組曲
フランチェスカ・デゴ_イタリア組曲
レスピーギ:ヴァイオリン・ソナタ ロ短調
カステルヌオーヴォ=テデスコ:バラード op.107
ストラヴィンスキー(ストラヴィンスキー&ドゥシュキン編):《プルチネルラ》より イタリア組曲
カステルヌオーヴォ=テデスコ:ロッシーニ《セビリアの理髪師》より 幻想曲「ロジーナ」「フィガロ」
カステルヌオーヴォ=テデスコ:ヴェルディ《椿姫》より 幻想曲「ヴィオレッタ」

フランチェスカ・デゴ(ヴァイオリン)
フランチェスカ・レオナルディ(ピアノ)

[Deutsche Grammophon]
パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番、ヴォルフ=フェラーリ:ヴァイオリン協奏曲
フランチェスカ・デゴ_パガニーニ&フェラーリ
パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調 op.6
ヴォルフ=フェラーリ:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.26

フランチェスカ・デゴ(ヴァイオリン)
ダニエーレ・ルスティオーニ指揮
バーミンガム市交響楽団

[Deutsche Grammophon]
パガニーニ:24のカプリース
フランチェスカ・デゴ_パガニーニ:24のカプリース
パガニーニ:24のカプリース

[Deutsche Grammophon]
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第6番、第7番、第10番
フランチェスカ・デゴ_ベートーヴェン(2)
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第6番 イ長調 op.30-1、第7番 ハ短調 op.30-2、第10番 ト長調 op.96

フランチェスカ・デゴ(ヴァイオリン)
フランチェスカ・レオナルディ(ピアノ)

[Deutsche Grammophon]
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番『クロイツェル』、第3番、第4番
フランチェスカ・デゴ_ベートーヴェン(1)
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第3番 変ホ長調 op.12-3、第4番 イ短調 op.24、第9番 イ長調 op.47『クロイツェル』

フランチェスカ・デゴ(ヴァイオリン)
フランチェスカ・レオナルディ(ピアノ)

[Deutsche Grammophon]