アレクサンドラ・スム Alexandra Soumm

Alexandra Soumm_7(c)Beatrice Cruveiller

次回来日

2017年3月

プロフィール

 フランスのヴァイオリニストであるアレクサンドラ・スムは、コンチェルトだけではなく室内楽のレパートリーにも通じている多彩な才能を持つアーティストである。
 近年は、ロサンゼルス・フィルハーモニック、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、DR放送交響楽団(デンマーク国立交響楽団)、チューリッヒ室内管弦楽団、ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団等のオーケストラと、ヘルベルト・ブロムシュテット、ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス、リオネル・ブランギエ、エドワード・ガードナー、アレクサンダー・シェリー、レナード・スラットキン、トマス・セナゴー、オスモ・ヴァンスカ等の指揮者と共演している。
 室内楽の分野では、パリのルーヴル・オーディトリアム、ブリュッセルのパレ・デ・ボザール、ロンドンのウィグモア・ホール等でリサイタルを行っている。また、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭、メクレンブルク=フォアポンメルン音楽祭、ヴェルビエ音楽祭、シティ・オブ・ロンドン・フェスティバル、ドーヴィル音楽祭、ラジオ・フランス音楽祭、MDR音楽祭、グシュタート音楽祭、ヴァルナ国際音楽祭等にも登場し、スイス・小澤征爾国際アカデミーでは過去10年間にわたりプロジェクトに参加した。
 2014/15シーズンは、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団へデビューを飾り、ロサンゼルス・フィルハーモニックと共にハリウッド・ボウルにも登場した。また、BBCフィルハーモニック、ボーンマス交響楽団、ノーザン・シンフォニア、スイス・イタリアーナ管弦楽団と共演し、モスクワ・インターナショナル・ハウス・オブ・ミュージックでリサイタルを行った。2013/14シーズンは、ニュルンベルク交響楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団、ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団、ブラジル交響楽団、日本では読売日本交響楽団と共演した。また、レナード・スラットキン指揮デトロイト交響楽団との共演でシベリウスのヴァイオリン協奏曲を披露し、アメリカ・デビューを果たした。
 フランスにある主要なオーケストラとも共演しており、ネーメ・ヤルヴィ指揮パリ管弦楽団、トゥガン・ソヒエフ指揮トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団のほか、ボルドー・アキテーヌ国立管弦楽団、イル・ド・フランス国立管弦楽団、リヨン国立管弦楽団、モンペリエ国立管弦楽団等と共演している。イギリスでは、BBC Radio3ニュー・ジェネレーション・アーティストのメンバーを2010年から2012年まで務め、その間にほとんどのBBCアンサンブルと共演した。また、2012年から2015年まではロンドン・ミュージック・マスターの受賞者としてイギリスで活動した。
 2008年春、ブルッフとパガニーニの協奏曲をClavesレーベルよりリリースし、ル・モンド・ドゥ・ラ・ミュジーク誌で「情熱的で叙情的な個性を発揮している」と評された。グリーグのヴァイオリン・ソナタを録音したセカンド・アルバムは、2010年春に同レーベルよりリリースされ、高い評価を得ている。
 モスクワに生まれ、ヴァイオリンを5歳の時から父親に学び、2年後には、ウクライナで最初のコンサートを行う。その後高名なボリス・クシュナー教授のもとで学ぶためにウィーンに移り、2004年、ルツェルンで行われた若手音楽家のためのユーロヴィジョン・コンクールで第1位を得た。
 現在はパリを拠点にし、2012年に二人の友人と過去4年間の経験をもとに芸術を通して様々な機会を創出していくための非営利団体“Esperanz Arts”を設立した。クリストフ・エーレンフェルナーからヴァイオリン協奏曲第2番と弦楽四重奏曲が捧げられた。また、アメリカ、ベネズエラ、ブラジル、イスラエル、日本の各地でマスタークラスを行うほか、ムジカ・ムンディ室内楽フェスティバルやエル・システマ・フランスにおいて後進の指導にあたっている。
 使用楽器は、以前レオニダス・カヴァコスが演奏していたG.B.ガダニーニ(1785年製)。この楽器の貸与はロンドン・ミュージック・マスター・アワードの一部であり、ロンドンのフローリアン・レオンハルト商会より貸与されている。

コンサート情報

日時・会場 コンサート名・お問い合わせ
2017/3/9(木)19:00
フェスティバルホール
読売日本交響楽団
TEL: 0570-00-4390
2017/3/10(金)19:00
とりぎん文化会館
梨花ホール(鳥取)
読売日本交響楽団
TEL: 0570-00-4390
2017/3/11(土)14:00
アクロス福岡
シンフォニーホール
読売日本交響楽団
TEL: 0570-00-4390
2017/3/12(日)15:30
鹿児島市民文化ホール
読売日本交響楽団
(公財)かごしま教育文化振興財団(鹿児島市民文化ホール)
TEL: 099-257-8111

ディスコグラフィー

ブルッフ、パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲
アレクサンドラ・スム

ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 ト短調 op.26
パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調 op.6


ゲオルク・マルク指揮
ラインラント=プファルツ州立フィルハーモニー


[Claves]

グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ全集
アレクサンドラ・スム

グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ヘ長調
グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ 第2番 ト長調
グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ 第3番 ハ短調


アレクサンドラ・スム(ヴァイオリン)
ダヴィッド・カドゥシュ(ピアノ)


[Claves]