セリム・マザリ Sélim Mazari

Selim Mazari_10(c)Caroline Doutre

次回来日

調整中

プロフィール

 1992年、パリ郊外のラ・ガレンヌ=コロンブに生まれる。5歳よりブリジット・エンゲラーの弟子であったスーゼル・ジニスティにピアノの手ほどきを受ける。
 2004年、11歳でパリ地方音楽院に入学し、ピエール・リーチに師事。2003年にはニース夏期国際音楽アカデミーでブリジット・エンゲラーと出会い感銘を受け、パリ国立高等音楽院で2008年からエンゲラーが逝去する2012年まで師事し、その後クレール・デゼールにのもと研鑽を積む。レナ・シェレシェフスカヤ、ミシェル・ダルベルト、ジャン=クロード・ペヌティエからも薫陶を受ける。その後ロンドンに居を移し、英国王立音楽院でドミトリー・アレクセーエフに師事。アヴォ・クユムジャンに出会い、ウィーン国立音楽大学で教えを受けるようになる。
 2012年イル・ド・フランス国際ピアノ・コンクールで特別賞、2013年ピアノ・キャンパス国際コンクールで第2位&聴衆賞を受賞。2018年ヴィクトワール・ド・ラ・ミュジーク・クラシック賞の新人賞にノミネートされた。
 2021/22シーズンのハイライトは、オーギュスタン・デュメイとのデュオのほか、トリオ・アーノルドやモディリアーニ弦楽四重奏団との共演でラ・フォル・ジュルネやピアノ・ア・リヨン等に登場する。リサイタルでは、ラ・ロック・ダンテロン国際ピアノ音楽祭、トゥーロン歌劇場、グランジュ・ドゥ・メレに招かれるほか、タンギー・ド・ウィリアンクールとの2台ピアノがある。2023年にはヴァシリー・シナイスキー指揮イル・ド・フランス国立管弦楽団とのモーツァルトでパリ・フィルハーモニーにデビューする。
 録音はミラーレから、2020年に『ベートーヴェン:変奏曲集』を、2022年に『モーツァルト:ピアノ協奏曲第14、12番』(ポール・メイエ指揮マンハイム・チェンバー・オーケストラ)をリリース。
 室内楽では、ミシェル・ダルベルト、ヴィクトル・ジュリアン=ラフェリエール、ラファエル・モロー、ジョゼフィーヌ・オレシュ、モディリアーニ弦楽四重奏団、エルメス弦楽四重奏団等と定期的に共演するほか、これまでに、ヨーヨー・マ、アンリ・ドマルケット、アルテミス弦楽四重奏団と共演している。