ナタナエル・グーアン Nathanaël Gouin

nathanael

次回来日

2021年5月

プロフィール

 もっとも期待を集めるピアニストの一人であり、ソリストおよび室内楽奏者として、ヨーロッパ、アジア、アメリカの各地で演奏活動を行っている。
 ヨハネス・ブラームス国際コンクール優勝、スウェーデン国際デュオ・コンクール優勝、リヨン国際室内楽コンクール入賞。これまでに、フィルハーモニー・ド・パリ、シテ・ド・ラ・ムジーク、ラ・セーヌ・ミュージカル、サル・ラモー、ブリュッセルのパレ・デ・ボザール、ブリュッセル・フラジー等のコンサートホールで演奏している。また、ラ・ロック・ダンテロン国際ピアノ音楽祭、ランス音楽祭、ジャコバン国際ピアノ音楽祭、ラジオ・フランス・モンペリエ音楽祭をはじめとする音楽祭のほか、ラ・フォル・ジュルネではナント、東京、ワルシャワ、エカテリンブルグに登場する。
 幅広いレパートリーを持ち、リエージュ王立フィルハーモニー管弦楽団、イル・ド・フランス国立管弦楽団、ブリュッセル・フィルハーモニー管弦楽団、レ・シエクル、シンフォニア・ヴァルソヴィア、フランス放送合唱団、新日本フィルハーモニー交響楽団と共演している。また室内楽でも、オーギュスタン・デュメイ、ジャン=クロード・ペヌティエ、ミシェル・ダルベルト、ジョゼ・ヴァン・ダム、ジェローム・ペルノー等と共演を重ねている。ヴァイオリニストのギヨーム・シレムとはデュオで演奏活動も行っており、マルグリット・カナルとラヴェルの録音が高評を得る。
 2016年、アルファよりリリースした「ラロ:ピアノ協奏曲」(ジャン=ジャック・カントロフ指揮リエージュ王立フィルハーモニー管弦楽団)の録音が、各誌で高評を博す。2017年、ミラーレからソロ・アルバム『リスト:死のチャールダーシュ、他』をリリース。ディアパソン誌では「演奏の完璧さと、いかにこのプログラミングがふさわしいかを証明したアルバム」と称されたほか、クラシカ誌では「恐ろしさとはほど遠く、この悲哀に満ちたアルバムは彼の輝ける才能をさらけ出した」と絶賛され、ショック賞を受賞した。
 フランス生まれ。3歳からピアノとヴァイオリンを始める。トゥールーズ音楽院、パリ国立高等音楽院、ジュリアード音楽院、フライブルク音楽大学、ミュンヘン音楽大学で学び、ヴィルクローズ音楽アカデミーでも研鑽を積んだ。またワーテルローのエリザベート王妃音楽チャペルでも学び、マリア・ジョアン・ピリスによる若手音楽家育成プロジェクト〈パルティトゥーラ・プロジェクト〉に参加し、日本、スペイン、ドイツをはじめ各国で多数のアーティストと共演し話題を呼んだ。このほか、ジャン=クロード・ペヌティエ、ミシェル・ベロフ、ルイ・ロルティ、アヴェディス・クユンチアン、デニス・パスカル、レナ・シェレシェフスカヤ、ドミトリー・バシキーロフに師事。
 現在、フランス・バンクポピュレール財団およびメイヤー財団奨学生。ブラフマー四重奏団のメンバーとしても活動し、シンガー・ポリニャック財団のレジデンスを務めている。

コンサート情報

日時・会場 コンサート名・お問い合わせ
2021/5/6(木)18:45
東京文化会館 小ホール
日本モーツァルト協会
第629回~若きヴィルトゥオーゾの輝き~
TEL: 03-5467-0626