栁澤 寿男 Toshio Yanagisawa

naka001yana

プロフィール

 1971年生まれ。パリ・エコール・ノルマル音楽院オーケストラ指揮科に学ぶ。また指揮を佐渡裕、大野和士に師事。スイス・ヴェルビエ音楽祭指揮マスタークラスオーディションに合格し、名匠ジェイムズ・レヴァイン、クルト・マズアに師事。2000年東京国際音楽コンクール(指揮)第2位。以降、新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団、東京交響楽団、東京シティフィルハーモニック管弦楽団、新星日本交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、兵庫県芸術文化センター管弦楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、大阪市音楽団、シエナ・ウインドオーケストラなどに客演。近年では2007年、女優秋野暢子を語り手にストラヴィンスキー「兵士の物語」(日本フィル)を公演。2008年、関西二期会オペラ公演ビゼー「カルメン」、オーケストラ・アンサンブル金沢ヘンデル「メサイア」、2009-2010年、札幌室内歌劇場オルフ「月を盗んだ話」(札幌公演・新国立劇場招聘公演)、2010年、名古屋フィルハーモニー交響楽団ヴェルディ「ナブッコ」(演奏会形式)など。
 海外では、2005-2007年マケドニア旧ユーゴスラヴィア国立歌劇場首席指揮者。またサラエボフィルハーモニー交響楽団、アルバニア国立放送交響楽団、イスタンブール国立歌劇場、サンクトペテルブルク交響楽団などに客演指揮。2007年3月、99年のNATO(北大西洋条約機構)の空爆以降、UNMIK(国連コソボ暫定行政ミッション)統治下のコソボ自治州において、コソボフィルハーモニー交響楽団に客演。プリシュティナ市民、国連職員、NATO兵を聴衆にコンサートは大成功を収め、コソボフィルハーモニー交響楽団常任指揮者に就任(2009年5月には首席指揮者に昇任)。2010年7月、コソボフィルハーモニー交響楽団日本公演を実現。女優石田ひかりを司会に全国4ヶ所で行われた、日本コソボ初となる文化交流演奏会は大成功を収めた。
 2007年6月、バルカンの民族共栄を願ってバルカン室内管弦楽団を設立。10月、「ニューズウィーク日本版・世界が尊敬する日本人100」に選出。2009年5月、バルカン半島の民族対立の象徴の地のひとつとも言えるコソボ北部のミトロビッツァで、UNDP国連開発計画、ABD特定地域対象プログラム、UNKT国連コソボチーム、KFOR国際安全保障部隊、コソボ警察などの協力を受け、セルビア人・アルバニア人・マケドニア人音楽家を楽団員にしたバルカン室内管弦楽団の歴史的演奏会を実現し大成功を収めた。約20年ぶりともなる各民族の共演は大きな話題となり、バルカン室内管弦楽団は旧ユーゴスラビア崩壊後の断絶された文化圏の架け橋ともなっている。2009年11月、国際交流基金の招聘により、漆原啓子(ヴァイオリン)、吉村美華子(ピアノ)、三枝成彰(作曲)、星野知子(女優)の共演とともに東京公演を実現。また2010年5月にはボスニア人を更に楽団員に加えサラエボ公演を実現。同年9月にはニューヨーク国連総会に伴って行われた、バルカン・リーダーズ・サミットでバルカン各国の大統領・首相を目前に演奏を披露。同時にニューヨーク人間の安全保障協会主催による`Power of Muze Concert`で、バルカン室内管弦楽団はアメリカデビューを果たした。2011年5月には、ウィーンでの公演が予定されている。
 柳澤寿男のバルカンでの活動は、NHK総合テレビ「NHKニュース・おはよう日本」、NHK-BS1テレビ「BS特集~和解へのハーモニー」「BS特集~響け!内戦の記憶を越えて」「きょうの世界」、TBSテレビ「筑紫哲也NEWS23」、BSジャパン(テレビ東京系)「戦場に音楽の架け橋を」など数多くのメディアで報道され続けている。
 現在、バルカン室内管弦楽団音楽監督、コソボフィルハーモニー交響楽団首席指揮者。

ディスコグラフィー

戦場のタクト(書籍)
栁澤_戦場のタクト(書籍)
柳澤寿男 著
実業之日本社(2012年)