浜野 与志男 Yoshio Hamano

浜野与志男

プロフィール

 A.カラマーノフ国際ピアノコンクール(2005)、野島稔・よこすかピアノコンクール(2008)、ロンドン国際音楽コンクール(2010)、ロシア音楽国際ピアノコンクール(2011)、北欧ピアノコンクール(2012)などの国際コンクールに上位入賞及び優勝。2011年第80回日本音楽コンクールにて第1位、併せて野村賞、河合賞、井口賞、岩谷賞(聴衆賞)受賞。2013年、アルマトィ国際ピアノコンクール第2位、仙台国際音楽コンクール・セミファイナル聴衆賞。
  『アムステルダム運河』音楽祭(2003)、音楽祭『ロシアにおける春』(2007)、日本・ロシア音楽家協会『サウンド・ルート2008 日本⇔ウクライナ』、『RED SQUARE FESTIVAL』(モスクワ、2011)などの音楽祭に出演。A.ラザレフ指揮・日本フィルや円光寺雅彦・大友直人指揮・東京交響楽団、山田和樹指揮・芸大フィル、ロシア国立チャイコフスキー四重奏団、ウィーン・ラズモフスキー四重奏団をはじめ共演多数。これまでに東京、ロンドン、モスクワなどにて定期的に開催するリサイタルのほか、東日本大震災被災地での演奏活動や〈ルネサンス・プロジェクツ・ワールドワイド〉(www.rpw.jp)として兼重稔宏氏と共催するチャリティ・コンサートなど自主企画公演にも積極的に取り組む。
 2011年度文化庁新進芸術家海外研修制度により渡米。CHANEL Pygmalion Days 2012参加アーティスト、2012年度 公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション奨学生。
 東京芸術大学附属音楽高等学校および同大学ピアノ専攻を経て同大学大学院音楽研究科に在籍、2012年9月よりK.&V.スコット奨学基金ならびにJ.クローヴァー奨学基金奨学生として英王立音楽大学演奏修士課程に留学中。これまで岡田敦子、E.アシュケナージ、御木本澄子、V.サハロフほか各氏に師事、現在はD.アレクセーエフ、N.フィテンコ両氏に師事。

ディスコグラフィー

「ステート オヴ マインド ――漂流する国の孤高なる音楽」
浜野与志男_ステート オブ マインド
ラフマニノフ:
 幻想的小品集 op.3より 前奏曲 嬰ハ短調
 10の前奏曲 op.23より 第2番、第6番、第7番
 絵画的練習曲集 op.39より第1番、第3番、第5番、第9番
タネーエフ:前奏曲とフーガ 嬰ト短調 op.29
ショスタコーヴィチ:
 ノクターン(バレエ音楽「明るい小川」より)
 ピアノ・ソナタ 第2番 ロ短調 op.61

[TRITON]