日本モーツァルト協会 2017年第594回例会

アレクサンダー・クリッヒェル 室内楽によるピアノ協奏曲 Alexander Krichel Piano Concertos in chamber version

2017年12月4日(月)18:45開演

東京文化会館 小ホール

出演

アレクサンダー・クリッヒェル(ピアノ)
長原幸太(ヴァイオリン)
篠原智子(ヴァイオリン)
長岡聡季(ヴィオラ)
門脇大樹(チェロ)

曲目

モーツァルト:
ピアノ・ソナタ ニ長調 K284「デュルニッツ」
ピアノ協奏曲 第14番 変ホ長調 K449(ピアノ五重奏版)
ピアノ協奏曲 第12番 イ長調 K414(ピアノ五重奏版)

チケット

全席自由(前売券)5,000円 学生券2,000円*
*学生券は日本モーツァルト協会(03-5467-0626)での取り扱い。

主催

主催:日本モーツァルト協会

Date

Monday, December 4, 2017 18:45

Hall

Tokyo Bunka Kaikan Recital Hall

Artist

Alexander Krichel, Piano
Kota Nagahara, Violin
Tomoko Shinohara, Violin
Satoki Nagaoka, Viola
Hiroki Kadowaki, Cello

Program

Mozart:
Sonate in D K284
Konzert in Es K449
Konzert in A K414
プロフィール
1989年、ハンブルク生まれ。6歳でピアノを始める。15歳よりハンブルク音楽・演劇大学で学び、その後ハノーファー音楽・演劇大学でウラディミール・クライネフに、ロンドンの王立音楽大学でドミトリー・アレクセーエフに師事した。
 2011年にソニー・クラシカルと専属契約を結び、2013年にリリースされたデビュー・アルバム『春の夜~メンデルスゾーン、シューベルト、リスト、シューマン:ピアノ作品集』は、批評家・聴衆の双方から非常に高い評価を獲得し、同年のエコークラシック賞「ニューカマー・オブ・ザ・イヤー」に輝いた。その後、『ショパン、フンメル、モーツァルト』(ヴォイチェフ・ライスキ指揮/ポーランド室内フィルハーモニー管弦楽団)、『ラフマニノフ:楽興の時、ピアノ協奏曲第2番』(ミヒャエル・ザンデルリンク指揮/ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団)に続き、2017年に『鏡~ラヴェル:ピアノ作品集』をリリース。また、テロス・ミュージックからは自身のデビュー録音である『洞察~クリッヒェル・プレイズ・リスト』がリリースされた。
これまでに、ジョナサン・ノット指揮バンベルク交響楽団、アントニオ・メンデス指揮hr放送交響楽団、アレクサンダー・マルコヴィッチ指揮ブレーメン・フィルハーモニー管弦楽団等と共演しており、2016/17シーズンは、ミヒャエル・シェーンヴァントの指揮で再びブレーメン・フィルハーモニー管弦楽団と共演するほか、ガブリエル・フェルツ指揮ドルトムント・フィルハーモニー管弦楽団や、ポーランド室内フィルハーモニー管弦楽団のドイツ公演に客演する。ルツェルン音楽祭弦楽合奏団、ルーマニア・ロイヤル・カメラータ、ベネズエラ国立フィルハーモニー管弦楽団等のオーケストラと、アンドルー・リットン、ヴォイチェク・ライスキ、ルーベン・ガザリアン、ヨハネス・ヴィルトナー等の指揮者と共演している。
リサイタルでは、今シーズンはハンブルクのエルプフィルハーモニーとボン・ベートーヴェン音楽祭にデビューし、エッセンでのリサイタルやルール・ピアノ・フェスティバルにも登場する。これまでに、ベルリンのフィルハーモニーおよびコンツェルトハウス、ミュンヘンのヘラクレス・ザールおよびプリンツレゲンテン劇場、ケルン・フィルハーモニー、チューリッヒ・トーンハレ、ウィーン・コンツェルトハウス、シュトゥットガルトのリーダーハレ等に登場し、ラインガウ、メクレンブルク・フォアポンメルン、シュヴェツィンゲン、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン、ピアノ・オ・ジャコバン、レスプリ・デュ・ピアノ、キッシンゲンの夏等の著名音楽祭に参加している。
また室内楽では、アルブレヒト・マイヤー、クラウス・フロリアン・フォークト、ガブリエル・シュヴァーベ、キリル・トルソフ、フェリックス・クリーザー等と共演する。
 現在、オスカー&ヴェラ・リッター財団、ベレンバーグ銀行、PEフェルデルングの奨学生。
 音楽以外の分野でも、数学、科学、外国語の分野に秀でており、数学オリンピックやドイツの連邦外国語コンクール、生物学の分野での研究活動におけるドイツ連邦コンクール等でも優秀な成績を残す。また、ホスピスでの活動や、子供や教師の音楽へのアプローチを支えるプロジェクトにも従事している。