極上の音色を響かせる3人の首席奏者が集う、一夜限りの至高のアンサンブル!

ウィーン・フィル・トップメンバーによる室内楽の夕べ The Evening of Chamber Music by the Top Members of Vienna Philharmonic

2016年6月4日(土)19:00開演

東京文化会館 小ホール

出演

アルベナ・ダナイローヴァ(ヴァイオリン)
トバイアス(トビアス)・リー(ヴィオラ)
カール=ハインツ・シュッツ(フルート)
加藤洋之(ピアノ)

曲目

レーガー:セレナード ト長調 op.141a より 第1楽章 
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第5番 ヘ長調 op.24 「春」
シューベルト:「しぼめる花」による序奏と変奏曲 D802
ブラームス:ヴィオラ・ソナタ 第2番 変ホ長調 op.120-2
ベートーヴェン:セレナード ニ長調 op.25

チケット

全席指定 ¥6,000

プレイガイド

イープラス
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:288-209)
ローソンチケット 0570-000-407(Lコード:34784)
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650

主催

主催:パシフィック・コンサート・マネジメント/パソナグループ
後援:日墺文化協会

Date

Saturday, June 4, 2016 19:00

Hall

Tokyo Bunka Kaikan

Artist

Albena Danailova (violin)
Tobias Lea (viola)
Karl-Heinz Schütz (flute)
Hiroshi Kato (piano)

Program

Reger: 1st Movement from Serenade in G major, op.141a 
Beethoven: Sonata for Piano and Violin No.5 in F major, op.24 "Spring” 
Schubert: Introduction and Variations on “Trockne Blumen”, D802
Brahms: Viola Sonata No.2 in E-flat major, op.120-2
Beethoven: Serenade in D major, op.25
プロフィール
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 コンサートマスター
アルベナ・ダナイローヴァ(ヴァイオリン)

 ブルガリア生まれ。ソフィアでネリー・ジェレヴァ、ドラ・イワノワのもとで研鑽を積み、その後ロストック音楽大学とハンブルク音楽大学でペトル・ムンテアヌに師事。2001年にバイエルン州立歌劇場管弦楽団の第2ヴァイオリン奏者となり、その後第1ヴァイオリン奏者、続いて第1コンサートマスターとなる。2003~04年にはロンドン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターを務め、2008年からウィーン国立歌劇場管弦楽団のコンサートマスターに、2011年からウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターに就任。これまでに、ハンブルク北ドイツ放送交響楽団(NDR)、ハンブルク・モーツァルト・オーケストラ、ソフィア・フィルハーモニー管弦楽団等と共演。ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール特別賞、ヴィットリオ・グイ国際室内楽コンクール第1位およびピアノ・デュオ部門第1位など、数多くのコンクール受賞歴を持つ。


ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 首席ソロ・ヴィオラ奏者
トバイアス(トビアス)・リー(ヴィオラ)
Tobias Lea (Viola)

1966年、オーストラリア生まれ。アデレード音楽院でロナウド・ウッドクックに学び、1986年コンサート・ディプロマ、音楽(演奏)学士を優秀で取得。1984~86年、オーストラリア室内アンサンブルのメンバーを務めた。1987~90年には、ウィーン音楽大学でジークフリート・フューリンガーに師事した。1990年、リッカルド・ムーティの勧めにより、スカラ・フィルハーモニー管弦楽団(ミラノ・スカラ座管弦楽団)のオーディションを受け、以後4年間同管弦楽団の首席奏者を務めた。1994年より、ウィーン国立歌劇場管弦楽団に所属。1997年よりウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席ソロ・ヴィオラ奏者を務める。


ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 首席ソロ・フルート奏者
カール=ハインツ・シュッツ(フルート)
Karl-Heinz Schütz (Flute)

 オーストリア生まれ。エヴァ・アムスラー、フィリップ・ベルノルド、ジャン=ルイ・カペツァリに師事し、オーレル・ニコレからも教えを受ける。カール・ニールセン国際コンクール、クラクフ国際コンクール優勝。シュトゥットガルト・フィルハーモニー管弦楽団とウィーン交響楽団の首席奏者を歴任し、現在はウィーン国立歌劇場管およびウィーン・フィルフィルハーモニー管弦楽団の首席ソロ・フルート奏者を務める。これまでに、ハンブルク北ドイツ放送交響楽団(NDR)、ケルンWDR交響楽団、hr交響楽団、バイロイト祝祭管弦楽団等に客演し、ソリストとしては、ウィーン交響楽団、ウィーン・クラシック・プレーヤーズ、シュトゥットガルト・フィルハーモニー管弦楽団、NHK交響楽団等と共演。また、ウィーン・リング・アンサンブルや、アンサンブル・ウィーン=ベルリンのメンバーも務める。CDはカメラータより「ブラームス:フルート・ソナタ op.120」等をリリースし、好評を博す。