マリナー自らが創立したアカデミー室内管弦楽団との最後の来日ツアー!!

サー・ネヴィル・マリナー指揮 アカデミー室内管弦楽団 Sir Neville Marriner with Academy of St Martin in the Fields

2016年4月9日(土)14:00開演

東京オペラシティ コンサートホール

出演

サー・ネヴィル・マリナー(指揮)
アカデミー室内管弦楽団

曲目

プロコフィエフ:
  交響曲 第1番 ニ長調「古典交響曲」op.25
ヴォーン・ウィリアムズ:
  トマス・タリスの主題による幻想曲
ベートーヴェン:
  交響曲 第7番 イ長調 op.92

チケット

S¥22,000 A¥20,000 B¥18,000 C\16,000(売切)

プレイガイド

チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:277-775)
ローソンチケット 0570-000-407(Lコード:34949)

主催

主催:パシフィック・コンサート・マネジメント
後援:ブリティッシュ・カウンシル

Date

Saturday, April 9, 2016 14:00

Hall

Tokyo Opera City Concert Hall

Artist

Sir Neville Marriner (Conductor)
Academy of St Martin in the Fields

Program

S.Prokofiev: Symphony No.1 in D Major “Classical Symphony”, op.25
R.Vaughan Williams: Fantasia on a Theme of Thomas Tallis
L.v.Beethoven: Symphony No 7 in A Major, op.92

プロフィール
◆サー・ネヴィル・マリナー(指揮)
1924年イングランド、リンカーン生まれ。1958年アカデミー室内管弦楽団を創設。コンサートマスター兼指揮者として活動をはじめたが、その後、指揮に専念する。アカデミー室内管弦楽団とは膨大な録音を行ない、世界的な評価を得ている。映画「アマデウス」のサウンド・トラックでは指揮及び音楽監督を務め、3部門のグラミー賞を獲得した。69年からロサンゼルス室内管弦楽団の音楽監督を務め、客演も含めた指揮活動を本格化。79年~86年ミネソタ管弦楽団音楽監督。85年には、「ナイト」の称号を受ける。83年~89年までは、シュトゥットガルト放送交響楽団首席指揮者を務める。世界各地のオーケストラに客演しており、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とザルツブルク音楽祭にも出演。日本でもこれまでに、NHK交響楽団、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団に客演しており、絶賛されている。

アカデミー室内管弦楽団(アカデミー・オブ・セントマーティン・イン・ザ・フィールズ)
1958年にサー・ネヴィル・マリナーによって創設され、今もマリナーの精神が息衝いている。2011年より芸術監督を務めるジョシュア・ベルのもと、特定の拠点を持たずにヨーロッパ各地の教会やコンサートホールで演奏活動を行っている。
当初は弦楽器だけのアンサンブルでバロック音楽や古典派・ロマン派の弦楽作品をレパートリーの基本としていたが、次第に管楽器も加えて古典派の交響曲の演奏を行うようになった。モーツァルトの交響曲全集と、ブレンデルとのモーツァルト協奏曲全集の録音は特筆されよう。その後、通常のオーケストラの編成まで規模を拡大し、シューベルト、メンデルスゾーン、ブラームスの交響曲全集などにも、取り組む。マリナーとアカデミー室内管弦楽団は、膨大な録音を行ない、世界的な評価を得ている。

全国日程

日時・会場 コンサート名・お問い合わせ
2016/4/7(木)19:00
フェスティバルホール
サー・ネヴィル・マリナー指揮 アカデミー室内管弦楽団
TEL: 06-6231-2221
※12/13(日)一般発売